Rollei35(ローライ35) 【修理内容や直るのかどうか、お見積もりまで】

1/1 filmcamera service 修理者のハヤシ ショウタです。

今回はRollei35の修理についてです。現在も人気の高いRollei35。しかもこちらはドイツ製のモデルです。高級コンパクト機と言えばRollei35。Rollei35といえば高級コンパクト機。

沈胴式のレンズを備え携帯性に優れたこちらのモデルはデザインの良さや写りの良さから今もユーザーの多い機種となっております。最近では新型Rollei35も出るとが出ないとか噂もあるそんなRollei35の修理を行います。

カメラの状態

今回の修理といたしましてはRollei35によくありますスローの不調などのメカニカルなトラブルが主なところで、シャッターを切っても開きっぱなしになったりと写真が撮れない状態でした。

ヘリコイドグリスの劣化から滑らかに回る部分とスカスカな部分があり、操作性が悪くなっていました。電池室の腐食はなく、よくある受光部の劣化はありませんでした。

全体的にオイル切れを起こしている状態ですので全点検修理を行い、不具合を一つ一つ調整していきます。

  • スロー不良
  • ヘリコイドグリス劣化
  • ファインダー汚れ
  • メーターの点検
  • 全体的なオイル切れ
  • シャッター不具合

上記が主な修理内容でした。

どのような修理を行うか

今回の症状から

  • シャッター不具合修理
  • 各部清掃、注油
  • メーター調整
  • ファインダー清掃
  • ヘリコイドグリス交換
  • スローガバナー清掃、注油
  • ピント調整

等を行っていきます。

シャッターユニットの不具合に関しましては一部部品の動きがほんの少し悪くなっており、清掃をしっかりと行い、注油することでしっかりと動いてくれるようになりました。

スローガバナーに関しましても同様の処置をとりました。ヘリコイドグリスは軽すぎず重すぎずのグリスの調合で気持ちよいタッチへとかわりました。今回はざらつきはありませんでしたが、多少のざらつきもグリスの選び方でよくはなってきます。コリメーターにてピントを調整し、全体的に清掃を行い完成です。

モルトプレーンの交換限定修理を除いて基本的には全点検修理という形で修理をさせていただきます。部分修理を希望されるお客様もいらっしゃいますが、古くなったフィルムカメラは一部を直してもまた別の場所が動かなくなったりすることが多々あります。

一度直したのにもかかわらずまた修理か。となるとそのカメラに対してどことなくマイナスイメージを抱かれるかと思います。そうならないように1/1では全点検修理を基本としております。

Rollei35は直るの?

Rollei35ですが基本的に直るカメラだと思います。大きな故障というよりも破損がない限り大丈夫です。よくある電池室からの受光部の劣化ですが、こちらも代替の受光部を用意していますので、修理可能です。

製造から年月が経ったカメラを修理いたしますので、新品同様の精度が出るかといいますとそれは難しい場合があります。パーツが破損している場合は中古品からの移植となりますので、完璧な精度の保証はできません。

綺麗にに写真が撮れる状態に直すという修理を行っていきます。残念ながらパーツが手に入らない場合や精度が全くでない場合はご返品するという事もございます。その旨ご理解いただきますようお願い申し上げます。

修理人のひとこと

今回はRollei35によくある修理内容で自宅にあるRollei35も同じ状況という方も少なくないかと思います。1/1は国産フィルムカメラ専門ではありますが、Rollei35は得意機種の一つです。

Rollei35ばかり直す一週間があってもいいくらい好きです。コンパクトでスタイリッシュポケットにもすっぽりと収まるので散歩に持っていくのもよし、旅行に持っていくのもよし。日々を切り取るにいいカメラです。

Rollei35の修理を使用か悩まれている方、お気軽に下記お見積フォームからご連絡ください。見積、納期など概算でいくらかかるか、どのくらいでできるか等ご連絡させていただきます。

納期

納期に関しましては現在ご依頼いただいています台数によって変動します。基本的には1~2か月程度と考えていただければと思います。入念なチェックを心がけていますので納期は多めに頂戴しております。

お客様のカメラをいい状態に戻すには多くの工程を丁寧に行う必要があります。オイルを入れ替えても測定数値が時間が経つにつれて変わっていくことがあります。

なるべく精度がしっかりと出たカメラをお客様には使っていただきたいので、適切なカメラ修理を行うためにも早く直してほしいといったご要望には答えられない場合がございます。ご了承ください。

あまりフィルムカメラを直す機会というのはないと思います。丁寧に時間をかけてしっかり修理を行う1/1で修理してみませんか?

修理料金、お見積り

修理料金は個体によって様々ですので、可能な限りお客様から状態をヒアリングしたうえでお見積りをさせていただきたく思います。概算見積りが本見積もりとの間に大きな差が出ないように概算見積りを出すようには心がけております。

修理には時間をかけ丁寧に、コストパフォーマンスの高い修理を心がけております。

お気軽に下記お見積フォームよりご連絡ください。お見積りは無料です。LINEメールからもお受付しております。

    は記入必須項目です。

    氏名 



    住所【任意】


    メーカー名 


    機種名 


     

    症状 


    カメラ、レンズの状態など分かる範囲でよろしいのでご記入ください。【任意】



    大切なカメラを安心してお預けしていただくために

    大切なカメラをお預けいただくにはお客様にご安心いただき、ご納得いただいたうえで修理をしていただくべきかと思います。そこで1/1のご安心していただけるポイントを紹介いたします。

    修理後90日間自然故障に対応

    1/1で修理いただいたお客様には90日間の自然故障にご対応いたします!修理後は余裕をもって保証期間内にテスト撮影をされることをお勧めいたします。

    ※自然故障のみになりますので、水没、落下、正規の使い方から逸脱した使い方などは対象外となりますのでご注意ください。

    ※調整では制度が出ないため別途部品が必要になる場合は別途部品代が必要となります。

    カメラメーカーで使用されていた測定機による点検、調整

    せっかく修理をしたものの動くようになったもののどことなくシャッタースピードやメーターがずれているような?

    そんなことがないように大手カメラメーカーが製造時に使用していた京立電機株式会社製のカメラテスターEF-5RPを用いてお客様のカメラをチェック、調整を行います。

    レンズのピント調整にはパール光学工業株式会社製コリメーターを使用いたします。

    別途代金をいただけますと可能ですが、基本的にはフィルムを入れての撮影テストは行いませんので、ご了承ください。

    これまでの経歴

    1/1はまだ新しいフィルムカメラ修理店ではありますが、メーカー認定の東京カメラサービスでの技術習得を経て開業しております。年間100台以上をコンスタントにこなしておりますので少しでもご安心いただければと思います。

    最近は修理をしながらどの程度まで修理をしていくか考えるときに”自分がこのカメラを欲しくなるように修理する”という事を基準としています。そこそこの出来上がりの商品ではなく、修理者がこのカメラなら手元に置いておきたいなと思う程度まで修理を行っていくように努力しています。

    あなたのカメラの持つポテンシャルを最大限発揮できるように私の技術を使っていければと思っています。

    修理するにはどうすればいいの?

    1/1で修理をしていただくには郵送にてカメラをお送りいただく必要がございます。

    【お送り先】

    〒606-0043

    京都府京都市左京区上高野古川町14ツジハウス313

    1/1 filmcamera service  ハヤシ ショウタ 宛

    簡単な手順

    1. カメラを梱包するし、上記住所へお送りいただく(お客様
    2. 到着→状態確認→本見積(1/1)
    3. 本見積確認後の修理をするかどうかのご判断(お客様)
    4. (進行の場合)修理開始(1/1)

    修理の流れ

    修理の流れをまとめいています。詳しくはこちらをご覧ください。

    梱包方法について

    梱包方法を解説しています。梱包に不安がある方はご確認ください。

    皆様からのご依頼お待ちしております。

    1/1

    repairer ハヤシ ショウタ