NIKON FMの修理

1/1 filmcamera service 修理者のハヤシ ショウタです。

今回はNIKON FMの修理についてです。

1977年に登場したFMシリーズの初代であるFM

FM2、NewFM2、FM3aなどのモデルがFMに続きます。

個人的にはシリーズの中では最も控えめな外観で

正面からはNikonのロゴのみが確認できます。

正面から見るとFEとは区別がつきませんね。

余談はさておき本題へと入ります。

カメラの状態

今回はフィルムに白いモヤのようなものが入ると

ご相談をいただき、一度修理をしてみましょうという事で

修理を受け付け致しました。

フィルム室からの光線漏れといった形ではなく、

光がうっすらと入るといった現象でした。

はじめは幕を疑いましたが、正確に幕速が出ていましたので

別の箇所に目星をつけることとなりました。

修理に関しましては全点検修理を行い、出荷時と変わらない

ような状態を作ることを心がけ前板を外しできる限りの

修理を行いました。

  • 巻き戻し部不具合
  • モルトプレーンの貼りなおし
  • ファインダー汚れ
  • メーターの点検
  • 感光の原因解明

上記が主な修理内容でした。

巻き上げ部分もロックが効いていなかったり、

重かったりと修理が必要となっておりました。

どのような修理を行うか

今回の症状から

  • モルトプレーン貼り替え(内部、フィルム室、ミラー受け)
  • メーター調整
  • ファインダー清掃
  • 各部注油
  • 巻き戻し不具合調整
  • ピント調整

等を行っていきます。

下カバーを外した際に出てきたボロボロのモルトから

予想はしていましたが、内部のモルトは要交換の状態でした。

ファインダーの清掃ですが、FMは前板を外さないと

スクリーンを安全に外せません。無理やりやると

シャッタースピード表示に引っ掛かり、傷をつけてしまいます。

糸で管理されているこの部分の作業はかなり神経を使います。

ここの作業を嫌がる修理人も多いですが、

もちろん前板を外してスクリーン清掃まで行います。

全体的に点検調整を行い、今回はフィルムでの

テスト撮影まで行っていきます。

テスト撮影にて感光は確認できませんでしたので、

こちらの状態で納品の方させていただきました。

モルトプレーンの交換限定修理を除いて基本的には

全点検修理という形で修理をさせていただきます。

部分修理を希望されるお客様もいらっしゃいますが、

古くなったフィルムカメラは一部を直してもまた別の場所が

動かなくなったりすることが多々あります。

一度直したのにもかかわらずまた修理か。となるとそのカメラに対して

どことなくマイナスイメージを抱かれるかと思います。

そうならないように1/1では全点検修理を基本としております。

NIKON FMは直るの?

NIKON FMですが

機械式のボディでタフなカメラだとは思いますが、

金属幕の破損やメーターの故障

(ずっと-やずっと+を振っているなど)に関しては

部品の交換が必須となる可能性がございます。

シャッター幕の分解清掃にて直るシャッター故障も

ありますので、一度お問い合わせいただければと思います。

製造から年月が経ったカメラを修理いたしますので、

新品同様の精度が出るかといいますとそれは難しい場合があります。

パーツが破損している場合は中古品からの移植となりますので、

完璧な精度の保証はできません。綺麗にに写真が撮れる状態に

直すという修理を行っていきます。

残念ながらパーツが手に入らない場合や精度が全くでない場合は

ご返品するという事もございます。

その旨ご理解いただきますようお願い申し上げます。

修理人のひとこと

今回は少し特殊な感光といった現象でしたが、

テストまで行いチェックし、うまくいったかと思います。

自分自身も学ぶことの多かった修理となりました。

やはり前板を外す際の緊張感がこのカメラにはありますね。

ですが全体的にうまくいってよかったです。

不具合のあった個所もしっかりと直ってくれましたので

一安心です。

たくさん使ってあげてくださいね。

納期

納期に関しましては現在ご依頼いただいています台数によって変動します。

基本的には1~2か月程度と考えていただければと思います。

入念なチェックを心がけていますので納期は多めに頂戴しております。

お客様のカメラをいい状態に戻すには多くの工程を丁寧に行う

必要があります。オイルを入れ替えても測定数値が時間が経つにつれて

変わっていくことがあります。なるべく精度がしっかりと出た

カメラをお客様には使っていただきたいので、適切なカメラ修理を

行うためにも早く直してほしいといったご要望には

答えられない場合がございます。ご了承ください。

あまりフィルムカメラを直す機会というのはないと思います。

丁寧に時間をかけてしっかり修理を行う1/1で修理してみませんか?

大切なカメラを安心してお預けしていただくために

大切なカメラをお預けいただくにはお客様にご安心いただき、

ご納得いただいたうえで修理をしていただくべきかと思います。

そこで1/1のご安心していただけるポイントを紹介いたします。

修理後90日間自然故障に対応

1/1で修理いただいたお客様には90日間の自然故障にご対応いたします!

修理後は余裕をもって保証期間内にテスト撮影をされることをお勧めいたします。

※自然故障のみになりますので、水没、落下、正規の使い方から逸脱した使い方などは

対象外となりますのでご注意ください。

※調整では制度が出ないため別途部品が必要になる場合は別途部品代が必要となります。

カメラメーカーで使用されていた測定機による点検、調整

せっかく修理をしたものの動くようになったものの

どことなくシャッタースピードやメーターがずれているような?

そんなことがないように大手カメラメーカーが製造時に使用していた

京立電機株式会社製のカメラテスターEF-5RPを用いてお客様のカメラを

チェック、調整を行います。

レンズのピント調整にはパール光学工業株式会社製コリメーターを

使用いたします。

別途代金をいただけますと可能ですが、基本的にはフィルムを入れての

撮影テストは行いませんので、ご了承ください。

これまでの経歴

1/1はまだ新しいフィルムカメラ修理店ではありますが、

メーカー認定の東京カメラサービスでの技術習得を経て開業しております。

年間100台以上をコンスタントにこなしておりますので

少しでもご安心いただければと思います。

最近は修理をしながらどの程度まで修理をしていくか考えるときに

”自分がこのカメラを欲しくなるように修理する”という事を基準としています。

そこそこの出来上がりの商品ではなく、

修理者がこのカメラなら手元に置いておきたいなと思う程度まで

修理を行っていくように努力しています。

あなたのカメラの持つポテンシャルを最大限発揮できるように

私の技術を使っていければと思っています。

修理するにはどうすればいいの?

1/1で修理をしていただくには郵送にてカメラを

お送りいただく必要がございます。

【お送り先】

〒606-0043

京都府京都市左京区上高野古川町14

ツジハウス313

1/1 filmcamera service  ハヤシ ショウタ 宛

手順

  1. カメラを梱包する(お客様)
  2. 上記住所へお送りいただく(お客様)
  3. 到着、点検、本見積(1/1)
  4. 本見積確認後の修理をするかどうかの判断(お客様)
  5. (進行の場合)修理開始(1/1)

詳しくは下記PROCESSページをご確認ください。

梱包に関して不安なお客様へ下記ページをご確認ください。

発送いただく際の梱包方法

カメラを修理したいが、梱包方法に不安があるというお客様へ こちらの梱包方法を参考にカメラを梱包し、お送りください。 ご依頼は下記のコンタクトフォーム、メール、LIN…

ご依頼、ご相談用メールフォーム

ご依頼は下記コンタクトフォーム、メールLINEからどうぞ

    皆様からのご依頼お待ちしております。

    1/1

    repairer ハヤシ ショウタ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA