フィルムカメラの修理をどこに出せばいいか悩まれている方へ 【お見積もり無料】

こんにちは。

京都でフィルムカメラの修理しています。1/1 filmcamera service(イチブンノイチフィルムカメラサービス)の修理者ハヤシ ショウタと申します。

  • フィルムカメラを修理しようにもどこに出せばいいのかわからない方
  • フィルムカメラをお持ちの方でカメラが正常に動いているか不安な方
  • 一度もメンテナンスをしたことのない方

に是非とも一読いただければと思います。

修理は修理でも車や携帯電話の修理と違い、カメラ修理はあまりなじみのないことだと思いますので直るかどうかや修理代など分からないことがたくさんあるのではないでしょうか。こちらの記事で少しでもそういった不安がクリアになればいいなと思っています。

1/1の修理メニュー

1/1で行う修理としては主に全点検修理、部分修理、レンズ修理の3種類ございます。修理責任を持つためにも基本的にカメラに関しましては全点検修理をお勧めしています。

全点検修理

全点検修理とはお持ちのカメラのポテンシャルを引き出し、お客様が気持ちよくカメラを使っていただける状態まで修理、調整を行うことを指します。オーバーホールという言葉がよく使われますが、本来オーバーホールは新品同様の状態に持っていく修理や調整を行うことを指します。

1/1ではもう新品部品の供給されていないカメラを修理いたしておりますので、新品と同じ状態に持っていくことが難しい場合もございますのでオーバーホールという言葉は適切な表現ではないと思い、全点検修理と表記しています。

部分修理

部分点検修理は現在モルトプレーンの交換のみお受付しています。ここだけ直してほしいというご要望があるのは承知しておりますが、長年動かしていなかったカメラが一部のみ修理、調整を行っても次々に気になる箇所が出てくることが多く、全点検修理よりも費用がかさむ可能性もありますので部分点検修理はお受付しておりません。

レンズ修理

カメラメーカーのレンズ修理は受付しております。基本的には単焦点のマニュアルフォーカス(MF)レンズに限ります。オートフォーカス(AF)のレンズは対象外です。

どのような修理を行っているか等気になる方はBLOGをご確認ください。簡単ではありますが修理内容などを書いています。

一度1/1にて修理していただいた機種に関しましては、数年後にファインダーだけ清掃してほしい、モルトの貼り替えをしてほしい、再度チェックしてほしいなどの部分修理、点検もお受付いたします。

修理対応機種

1/1はフィルムカメラ修理専門ですので、前提としてフィルムカメラ、フィルムカメラに使用するレンズの修理が対象です。デジタルカメラは修理対象外で、ストロボやモータードライブなどの付属品類も修理いたしておりません。

カメラに関して申し上げると巻き上げを行う必要のあるカメラが修理可能機種です。お客様のカメラに巻き上げレバーや巻き上げノブがあるかご確認ください。

※シャッターを押すだけで撮れる自動巻き上げのカメラは取り扱いをしていません。

レンズはカメラメーカーの作った自らピントを合わせるMFレンズが基本となります。MFのズームレンズもモノによっては対応いたしますが、基本的にはMFの単焦点レンズが対象です。

※AFのレンズはお受付致しておりません。

詳しい対応機種をご確認になられる方は下記修理実績ボタンよりご確認ください。一例ですが記載しています。

大切なカメラを安心して修理に出していただくために

大切なカメラをお預けいただくにはお客様にご安心いただき、ご納得いただいたうえで修理をしていただくべきかと思います。そこで1/1のご安心していただけるポイントを紹介いたします。

修理後90日間自然故障に対応

1/1で修理いただいたお客様には90日間の自然故障にご対応いたします!修理後は余裕をもって保証期間内にテスト撮影をされることをお勧めいたします。

※自然故障のみになりますので、水没、落下、正規の使い方から逸脱した使い方などは対象外となりますのでご注意ください。

※調整では制度が出ないため別途部品が必要になる場合は別途部品代が必要となります。

カメラメーカーで使用されていた測定機による点検、調整

せっかく修理をしたものの動くようになったもののどことなくシャッタースピードやメーターがずれているような?

そんなことがないように大手カメラメーカーが製造時に使用していた京立電機株式会社製のカメラテスターEF-5RPを用いてお客様のカメラをチェック、調整を行います。

レンズのピント調整にはパール光学工業株式会社製コリメーターを使用いたします。

別途代金をいただけますと可能ですが、基本的にはフィルムを入れての撮影テストは行いませんので、ご了承ください。

これまでの経歴

1/1はまだ新しいフィルムカメラ修理店ではありますが、メーカー認定の東京カメラサービスでの技術習得を経て開業しております。年間100台以上をコンスタントにこなしておりますので少しでもご安心いただければと思います。

手を抜かず、丁寧に。を心がけています。

あなたのカメラの持つポテンシャルを最大限発揮できるように私の技術を使っていければと思っています。

修理に対する考えなどを記載しています。ご確認ください。

1/1の価格について

1/1は修理代が安いのか?

調べたり、お見積りを取っていただくとわかりますが、安すいというわけでも高いというわけでもないと思います。ですが料金以上の修理を行う為コストパフォーマンスを見ていただきたいと思っております。

修理を行ったところは明細表に記載し、明細と一緒に上の写真のような修理時の修理過程写真を1枚つけてお送りしています。どのような修理を行っていたかお客様にも見てわかるように対応の方をさせていただいております。

修理料金、お見積もり

修理料金は個体によって様々ですので、可能な限りお客様から状態をヒアリングしたうえでお見積りをさせていただきたく思います。概算見積りが本見積もりとの間に大きな差が出ないように概算見積りを出すようには心がけております。

修理には時間をかけ丁寧に、コストパフォーマンスの高い修理を心がけております。

お気軽に下記お見積フォームよりご連絡ください。お見積りは無料です。LINEメールからもお受付しております。

    は記入必須項目です。

    氏名 



    住所【任意】


    メーカー名 


    機種名 


     

    症状 


    カメラ、レンズの状態など分かる範囲でよろしいのでご記入ください。【任意】



    納期

    納期に関しましては現在ご依頼いただいています台数によって変動します。基本的には1~2か月程度と考えていただければと思います。入念なチェックを心がけていますので納期は少し多めに頂戴しております。

    お客様のカメラをいい状態に戻すには多くの工程を丁寧に行う必要があります。オイルを入れ替えても測定数値が時間が経つにつれて変わっていくことがあります。

    なるべく精度がしっかりと出たカメラをお客様には使っていただきたいので、適切なカメラ修理を行うためにも早く直してほしいといったご要望には答えられない場合がございます。ご了承ください。

    あまりフィルムカメラを直す機会というのはないと思います。丁寧に時間をかけてしっかり修理を行う1/1で修理してみませんか?

    修理をするまでの手順

    1/1で修理をしていただくには郵送にてカメラをお送りいただく必要がございます。

    【お送り先】

    〒606-0043

    京都府京都市左京区上高野古川町14ツジハウス313

    1/1 filmcamera service  ハヤシ ショウタ 宛

    簡単な手順

    1. カメラを梱包するし、上記住所へお送りいただく(お客様
    2. 到着→状態確認→本見積(1/1)
    3. 本見積確認後の修理をするかどうかのご判断(お客様)
    4. (進行の場合)修理開始(1/1)

    修理の流れ

    修理の流れをまとめいています。詳しくはこちらをご覧ください。

    梱包方法について

    梱包方法を解説しています。梱包に不安がある方はご確認ください。

    支払方法

    お支払方法は完成連絡の際にお送りするお振込み先にお振込みいただく形をとっております。ご面倒ではありますがご了承いただければと思います。

    15000円以上の修理は発送料を1/1で負担いたします。(離島を除く)

    皆様からのご依頼お待ちしております。

    1/1

    repairer ハヤシ ショウタ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA