KONICA EYE3 フィルムカメラ修理

こんにちは

1/1フィルムカメラサービス修理者 ハヤシ ショウタです。

今回はKONICA EYE3の修理に関して書いていこうかと思います。

KONICA EYE3はEYE"の後継機として登場したカメラになります。

EYE2ではなかったセルフタイマー機構が搭載され、

レンズも32mmF1.8が付いたハーフカメラです。

シンプルな見た目で好きな方も多いかと思います。

では本題に入ります。

弱点・修理箇所

こちらのカメラの弱点はC35と同じくシャッター機構の不具合で

B(バルブ)でも切れてしまうことが弱点かと思われます。

絞り羽根の粘り(油が羽に回り、シャッターが動かなくなること)が

多いかと思います。こういった症状は直ることがほとんどです。

こちらの機種に限ったことではありませんが、コンパクトカメラは

電池の入れっぱなしによる配線腐食による不具合が

比較的多いように思います。

内部はこんな感じになっています。

こちらは羽根清掃のために羽根を外した状態の

シャッターユニットになります。

羽根を1枚1枚清掃し、再度組付けていきます。

1/1で行う修理内容

  • ファインダーの清掃
  • 駆動部への注油
  • シャッター測定器を使用したオートの点検、調整
  • スローガバナー位置調整
  • セルフタイマー清掃、注油
  • 接点部分の清掃
  • メーター調整
  • 巻き上げ点検
  • フィルムを入れた巻き戻し点検
  • シンクロテスト
  • 外観、フィルム室清掃
  • モルトプレーン交換

  等になります。

修理者のひとこと

スケルトンぽくフォトショで作ってみました。

EYE3ですが、シンプルな見た目のハーフカメラで、

修理者の私も一度使ってみたいなと思わせてくれる一台でした。

フィルムの価格は高いので同じ36枚撮りでも倍撮れる

ハーフカメラは我々の味方かもしれませんね。

お持ちのカメラが今回書いたような症状で動かない、

かれど使いたい!というお客様。

そんな時はぜひ1/1までご連絡ください。

お問い合わせもしくは下記コンタクトフォームより無料でお見積りしています〇

お気軽にご連絡ください。

ではまた

1/1 repaire ハヤシ ショウタ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA